くろすぴーのブログ

模型製作記

 次のページ »

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDA VFR800P

2015-02-15
トピックス
2015年の初完成品

フジミ1/12 ホンダVFR800P 白バイ

ある依頼での製作なので、ほぼ素組み状態でOKとのこと。
ご存知のようにこのキットは、いたるところが一体成型で当然エンジンレス。
スケールモデルというより、おもちゃのミニカーを組むような感じです。
2015 VF800P (3)
組立ては簡単ですが、一体成型ゆえ塗装時のマスキングがメチャ大変です!
また、メッキパーツも多いので、ゲート跡をどう処理するかも考えなくてはなりません・・・
結局、ハセガワのミラーシートを短冊切りしてゲート跡に貼り、サイレンサーもメッキ処理が汚かったので、ミラーシートを巻きつけました。
2015 VF800P (1)
2015 VF800P (5)
タイヤもホイールとの一体成型という潔さ!
ところが、このタイヤ形状が非常にイイ感じ!!
同社のゴムタイヤ形状よりぜんぜんイイです。
タイヤブラックをベースに調色したら、プラとは見えません。
完成後の強度を考え、ミラーステーとアンテナは洋白線に換え、カウルファスナーは手持ちのエッチングを貼っています。
2015 VF800P (4)
2015 VF800P (7)
おもちゃのような構成のキットなので正直まったく期待していなかったのですが、完成すると意外や意外、実にイイ雰囲気です!
市販ミニカーと比べても遥かに精密感もあります。
普段作っているレーサーと違い、ボリューム感もすごくあります。
いやはや、恐れ入りました・・・
2015 VF800P (6)
スポンサーサイト

バイク模型 フルスクラッチ&セミスクラッチ編

2015-01-05
トピックス
気がつけば半年もブログ更新していませんでした!

出版されるまでシークレットだったのと(と言っても出版から一ヶ月経ちましたが)、作るのに必死でとてもブログを書く気になれなかったためなのです。
モデラーの知人らから「全然ブログ更新しないね~」とお叱りも受けていました。 申し訳ありません・・・

やっと落ち着いたので、今年からボチボチ再開して行きたいと思います。

表題の「バイク模型 フルスクラッチ&セミスクラッチ編」、私の担当はセミスクラッチ。
一応セミスクラッチと書いていますが、あくまでもねこちゃん作のフルスクラッチに比べたらで、通常であればフルスクラッチのカテゴリーに入る内容だと思います。
詳しい解説は、ぜひ本書をお読みくだい!

IMG_2975-1.jpg
IMG_2967-1.jpg

この1988年型ヨシムラGSX-R TTF-1仕様は、私の知る限り実車は現存せず、さらにほとんど雑誌やネット等の資料もありません。
よって、一部は想像で作っていますので、細部の違いはあると思います。
よほどのマニアな方でないと判らないと思いますが・・・
IMG_3054-1.jpg
IMG_3045-1.jpg
 
「共石sietto GP-1」がメインスポンサーになった最初の年で、油冷GSX-Rのなかで一番好きな年式。
翌1989年より倒立フォークになり、アッパーカウルやシートが大型化されます。
IMG_2982-1.jpg
IMG_3005-1.jpg
IMG_2992-1.jpg

カウルの脱着もエンジン幅がギリギリなので容易ではありません。
gsx-r (480)

エンジン単体も絵になりますね~
現代の味気ない造形の水冷エンジンと比べると凄みがあります。
gsx-r(353).jpg
gsx-r(357).jpg

ねこちゃん作のGS1000Rとのツーショット!
このGS、ほんと素晴らしいです。
とてもこの境地には辿りつけません・・・
IMG_3382-1.jpg



2007 ヨシムラGSX-R 8耐優勝車

2014-06-22
トピックス
2014-06-21 001 022
来月の8耐に向け、ブライトロジックで2007年8耐優勝マシンを整備しています。
イベント走行用に問題ないかチェック中。

残念ながら、外装を外した状態です。
その代わり普段見ることが出来ない貴重なストリップ状態!

今更感はありますが、ヒロのキットを作るのに参考になります。

2014-06-21 001 006
時が経つのは早いです!
もう7年前なんですね・・・
2014-06-21 001 003
2014-06-21 001 011
2014-06-21 001 008
2014-06-21 001 012
2014-06-21 001 013
2014-06-21 001 014
2014-06-21 001 015
外装もバラバラです。
2014-06-21 001 020
2014-06-21 001 023
2014-06-21 001 018
2014-06-21 001 025
2014-06-21 001 026
2014-06-21 001 031
2014-06-21 001 032

エアダクト、複雑な形状です。
この形状をどう再現するか悩みますね。
カウル内側の形状に沿っているハズなので、エポパテをカウル内側にあてて型取りするか・・・
2014-06-21 001 029
忘れちゃいけないのは、左右マフラーの位置。
非対称なので注意が必要です。
2014-06-21 001 005
メーター裏の配線はかなり面倒そうなので、見なかった事にしたほうが良さげです・・・
2014-06-21 001 016
2014-06-21 001 009
今年の8耐、 ヨシムラレジェンドチームからケビンシュワンツ&辻本 聡 組みが出場です。
さすがに優勝は難しいでしょうが、活躍が楽しみですね!

モデラーGP2013 その2

2013-10-22
トピックス
15.jpg
やっと自立できました。
ここまで、アライメント調整にかなり時間が掛かってしまいましたが、まずまずイイ感じになったのではと思っています。

神保町の古本屋で、CB特集のバイカーズステーションを探せたのが大きいです。
1/12スケールの写真と合わせながら、キャスター角やフロントフォークオフセットを何度も調整し直しました。

レーサースタンドはタミヤRS1000をベースにしましたが、幅を3mm足し、高さを3mm下げたりと一筋縄では行きません。

16.jpg
フロント上下ブラケット・フォークスタビライザー・マフラー等も切った貼ったで調整しまくりしてます。

19.jpg
クラッチ板も見えるところだけ作ってみました。

18.jpg
オイルクーラーのメッシュカバーは、エッチングメッシュに洋白線を曲げたフレームをハンダ付け。

あと一ヶ月ちょいで完成するんでしょうか・・・

モデラーGP2013 その1

2013-09-29
トピックス
モデラーGP、今年から私とねこちゃんは賞典外(過去2回以上優勝者)なのですが、お手本になるようにとのことなので手を抜かずにガンバリます。

あまり時間も掛けられないので、比較的お手軽?な「CB900Fスーパーバイク」でエントリーしました。
img009.jpg
たまたまですが、NSR500に続きまたしてもFスペンサー車になってしまいました。
年間に2台もホンダ車を作るなんて、過去記憶にありません・・・

80年代のスーパーバイク、基本外装はノーマルなのでベースキットさえあれば問題ないのですが、車体廻りは大幅にモデファイされています。

1_20130929165631e89.jpg
まずはフレームの加工
この当時のフレームにおいては定番ですが、補強のためガゼットを各部に追加していきます。
ベースキットも30年前なので、ダルなモールドのエンジンハンガーなどもプラバンで作り直してシャキっとさせます。
7.jpg
ヘッド廻りもガッチリと補強します。
5.jpg
リヤサスはレイダウンされているので、取付け位置を変更して基部を作り直します。
4.jpg
シートレール、テールをカチ上げるためにプラ棒で作り直し。
合計10箇所以上補強をいれたら、模型のフレームでもガッチリしてくるのが実感できます。

外装を載せるとこんな感じ。
10.jpg
続いてマフラーの製作。
もともとこのエンジンは、集合マフラーを装着するのに適していません。
私は大昔にCB750FZを所有していたのでよく判りますが、オイルパンが真下に出っ張っているため集合部をセンターに持ってくると地上高がタイトになり、それを避ける取り回しにするとバンク角に問題が出ます。
よってレース仕様は薄いオイルパンに変更し、新たにオイルタンクを設けてドライサンプとしています。
12.jpg
エンジン正面のオイルフィルターもかなり突出しているので、これを避けるためエキパイも複雑な造形になります。
この曲がりをプラ棒で再現するのはかなり大変なので、3.4mmの電線を使いました。
実車のエキパイは41mmなので、1/12スケール換算は3.4mmでバッチリです。
13.jpg
電線の皮膜がいい具合に柔らかい手曲げ感を再現してくれました。
もちろん指曲げです!
秋葉原で1m90円だったので、コストパフォーマンスは最高です。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。