くろすぴーのブログ

模型製作記

 次のページ »

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

2013-01-01
雑記
本年も宜しくお願いいたします。
001_2 (1)
昨年末はペプシガンマ試作品に掛かりっきりで、年賀状の発送が大晦日になってしまいました。
元日に年賀状いただいた方には申し訳ありません。

今年は、某紙面で作例を担当させていただくことになりました。
あまり日数の余裕がないので、今からとても不安なのですが、なんとか締め切りに間に合うよう頑張ります。
ただ、今年の冬は例年以上に寒いんですよね・・・
いくら着込んでも、エアブラシが冷たくて手が動かなくなってしまうんです。
日照時間も短いので、塗装できるのは午後3時半くらいが限界で、いいかげん室内で塗装できる環境を作らないとカラダが持たないです・・・
(もうベランダはキツイです)

ペプシガンマ、フジミから許可が出ましたらブログに画像発表いたしますので、今しばらくお待ちください。
キットはちゃんと前後17インチになっていますので、ご安心ください。

今年もあまり自分のモノは出来そうにありませんが、モデラーGP用だけは何とかしたいですね。

今年もガンバりますよ!!

スポンサーサイト

気になる二台

2012-02-15
雑記
画像 164
とっても気になるクルマが発売されました。

スバルBRZアルファロメオジュリエッタ

スバルBRZは、トヨタ86のスバル版ですが、だんぜんトヨタよりカッコイイです!(私の個人的には)
今や絶滅に瀕しているマニュアルミッション仕様も健在で、エンジンは水平対向NA2000ccで200馬力、車重1230kgと、とてもその気にさせてくれます。(どんな気だ?)
これはぜひとも試乗しなくては。

アルファロメオジュリエッタ、復刻版のネーミングも最高ですが、これまたデザイン・パッケージとも素晴らしい!
エンジンは1400ccと1750cc。
一般的に売れるのは1400cc版でしょうが、気になるのは当然ホットモデルの1750ccクアドリフォリオでしょう。
なぜか日本仕様では、このクアドリフォリオしかマニュアルミッション仕様がありません。
試乗車もATだったので、乗りませんでしたが。

FIAT500もそうですが、絶対この手のクルマはマニュアルが面白いのに、なんでエントリーモデルはオートマチックのみにしてしまうんでしょう?
まぁ、以前BMWミニのディーラーでマニュアルの運転が出来ない営業マンがいて驚いた(呆れた)くらいだから、フィアットオートジャパンもクルマ好きの人が少ないのかな?
事実、ジュリエッタのあるディーラーでエンジンのことを質問したら、「営業なんでエンジンのことは分かりません」と、スバラシイ回答を頂きました。(驚愕です・・・)

このような営業マンが売るクルマじゃないと思うのは私だけでしょうか?
きっとクルマが好きだから就職しましたって方ではなかったんでしょうが、私が店長だったら絶対にこんな営業マンには接客させないでしょうね。

せっかく良いモノを作っても、販売する側のスキルが劣っているのはホント勿体無いことです。
私の仕事も営業ですから、自社の商品の良さをいかに相手にうまく伝えて、買って良かったと思ってもらえるよう努力しています。

なんかハナシが脱線してしまいましたが、エコカーやハイブリッドばかり全面に押し出し、楽しいクルマを作ろうとしない現代において、この二台は楽しいクルマ好きを喜ばせるモノであることは間違いないですね。
簡単に買える訳ではありませんが、大勢の人にぜひディーラーに見に行って試乗してもらいたいです。



今月号の雑誌

2012-01-29
雑記
3月号のライスポ、”な~んだRC212Vの特集か・・・”と思っていたら、その後にYZR M1が!
製作が止まって丸2ヶ月経ちますが、やっと内部が見える資料が入手できました。
画像
’87 TECH21の試作品も納入したので、これで心置きなくM1の製作に取り掛かれます。

っと思ったのもつかの間、新たな製作依頼が・・・
しかも今回は色違いで2台! 
という訳で、M1はまたしばらく手が付けられそうにありません・・・
いったい何時になったら自分の時間が取れるんでしょう(泣)

画像 161
今月は、モデルアート・モデルグラフィックスともバイク特集。
こんなこと過去にも記憶が無く、バイクモデラーにとって非常に喜ばしいことですね!
作例はカーモデラーの方々が中心ですが、参考になるテクニックも多数掲載されています。
自分が開発に携わったキットが表紙になるのはホント嬉しいです!

この勢いで、さらに多くのニューキットが開発されることを期待しましょう!
本家のタミヤも、いいかげん重い腰を上げてくれるといいのですが。
無理かな・・・


すぐれモノ発見!

2012-01-13
雑記
画像 111
トップスタジオやT2Mではありません。
Master Clubというロシア製のボルトパーツ。
画像 112
金属製ではなく、精巧なレジン製。
サイズは0.5mmから1.0mmまでが0.1mmピッチで、あと1.2・1.4・1.6mmと9サイズ揃います。
一袋に160~100個入りです。
もともとAFV用らしいのですが、バイク模型用にも使えそうですね。
画像 113
ピルケースに仕分けしました。
T2Mパーツなども、このピルケースに仕分けしています。

こういうパーツは、なかなか店頭で探すのは難しいです。
私は http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/hsmyd057?alocale=0jp&apg=1&s1=bids&o1=a&mode=1この方のオークションをよく利用させていただいています。
T2Mパーツも、数年前にここで初めて出会いました。
AFV関係が中心ですが、珍しい外国製のバイクやクルマのガレージキットなども扱っていますので、「お気に入り」にしてちょこちょこ覗いてみてください。
きっと面白いモノが見つかりますよ。
KTM_RC8_Superstock_1000_01_1280x960.jpg
120106 010
XT12001A.jpg
XT12001F.jpg
先日も、こんな珍しいキットが出ていました。
どこの国のキットか分かりませんが、非常にそそられますね。
エッチング製のFブレーキローターのスポーク部、初めから曲げ加工されているようです。
どなたか、このキットの詳細知りませんか?

謹賀新年

2012-01-03
雑記
明けましておめでとうございます。

ブログを始めて、ちょうど一年経ちました。
この一年で、40000件を超えるアクセスを頂き、非常にありがたく、かつ驚いております。
今後も、だらだらとしたペースで更新していきますので、よろしくお付き合いください。

年末に新兵器?を導入しました。
って言うほどのものではないのですが、巷で人気のミラーレス一眼デジカメを購入してしまいました。
画像 014
キムタクがコマーシャルしてるやつです。
今まで模型の写真は、オリンパスのコンデジを使用していましたが、もう少しイイ写真が撮りたかったのと、所有している一眼デジカメが壊れ、その修理代と大して変わらない金額で買えたのが理由です。

さっそく実力を試してみました。
一眼ということで、絞り優先モードでの検証です。
画像 051
<絞り値F5.6>
フロントカウルにピントを合わせると、シートカウル以降がボケボケになります。

画像 050
<絞り値F16>
上の画像と比べるとここまで差が出ます。


あと特筆するのは、室内撮影がストロボなしでも明るく撮れるのが驚きです。
画像 057
ブライトロジックの工場内で撮影しましたが、ストロボ発光なしの手持ち撮影です。(露出補正なし)
通常ここでの撮影は、ストロボなしではかなり暗くなり、またシャッタースピードが遅くなるのでブレる可能性大なのですが、まったく問題なく撮れました。
(しかも絞りF16のままです)
画像 071
逆光ぎみの撮影でも黒くつぶれません。

コンデジのようにスーパーマクロ(約1cm)はできませんが、マクロまでは大丈夫です。
その他、たくさんの機能が付いているのですが、まだ覚えきれません。
模型撮影用には、通常の一眼よりも向いていると思います。

価格も4万円前後なので、コンデジからステップアップする方にはオススメです。
写真撮影が楽しくなりますよ。




Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。