くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミTECH21製作ポイントその4

2011-09-19
TECH21
最後に外装です。

このキットは、上下カウルが脱着式になっていません。
行程としては、車体の完成後にトップカウルを付け、最後にアンダーカウルを接着となります。
ただ、接着シロが少なく、カウル塗装後の接着はかなりリスキーです。
試作では、先に上下カウルを接着してから塗装しています。
画像 106
これが一番キレイに仕上がるのですが、当然フロントタイヤを付けてしまうとカウルが付きません。
フロント廻りの組立工程を工夫しなければならず、組立難易度がかなり高くなるので、あまりオススメできません。
接着剤を使わず、両面テープで上下を固定する方法もあります。
画像 107
濃いパープル(ジェネシスブルー)部はデカールになっていますが、塗装した方が楽だと思います。
微妙にラインが湾曲していますので、デカールのラインを参考にマスキングしてください。
画像 108
ゼッケン21のデカールは、2と1のニス部を全てトリミングします。(仕上がりが違います)
全てのデカール貼り後、クリヤー掛け・砥ぎ出し・コンパウンド仕上げをしますが、最後にゼッケンサークル部のみを半艶クリヤー掛けします。
カウル内側は半艶ブラックにしていますが、実車は無塗装です。
外側の色が回り込んで、うっすらと色が付いている状態ですが、模型的にはブラックにしたほうが引き締まると思います。

これでTECH21の解説は終わりますが、分からない箇所や疑問があれば質問してください。
私が分かる範囲でお答えします。
スポンサーサイト

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。