くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペプシガンマ

2013-01-18
RGV-γ
お待たせしました。
フジミ製 スズキRGV-γ の発表です!
015_20130118214843.jpg

昨年末には完成していたのですが、諸般の事情により3週間遅れの発表になってしまいました。
完成後すぐに発送してしまったため、全体像のみで細かい箇所は撮影していません。

今回のキット、アクセルテンショナーやフロントマスターのバンジョーなど、通常は再現しない(強度的に)箇所もパーツ化されています。
スクリーンもタミヤに似た取り付け方法になり、接着無しで組めるようになっています。

002_20130118220439.jpg
009_20130118220442.jpg
007.jpg
008_20130118220441.jpg
デカールはカルトグラフ製なので、ボディーはホワイトを塗装するだけです。
前後ホイールは、パールホワイトにしました。
フロントディスクローターのハブ部、見本ではシルバーにしましたが、ブラックのバージョンもあるみたいです。
この年式のガンマ、当時の実車資料が乏しく、各部の正確な色はよく判りません。
現存する実車も、さまざまなパーツを寄せ集めたオコシ車両だと推測されますので、これも正確とは限りません。

製作者なりに、らしく見える色に塗装するのが一番ではないでしょうか。

021.jpg
013_20130118222048.jpg

完成するとメチャかっこいいですよ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(´・_・`)

購買意欲をソソル出来ですね(*´τ`∩)テヘッ

カルトのデカールが標準になったかー
また、積みが増えそうだ。

Re: (´・_・`)

> かっちゃんさん

ぜひ購入してください。
ストレート組みでも充分見栄えはイイですよ。
今回フジミの画像資料はありませんので、RACERS誌などが参考になります。

Re: タイトルなし

> asatanさん

試作品もカルトでしたが、印刷見本だったためデカールにクリヤー層が印刷されておらずちょっと苦労しました。(やや難しいのはカウルサイドのPEPSIロゴ)
製品版は問題ないでしょうから、積まずに完成させてください。
サイレンサーのカーボンデカールは、社外品などで対応したほうが良いと思います。

めっちゃカッコ良いです!

Re: タイトルなし

>きたむさん

このマシンの年代は1988年で、日本はバブル時代。
バイク人気もあり、さまざまな企業スポンサーが参入して、華やかな時代でした。
とても現代では考えられないです・・・

だから’80年代のマシンはキレイなものが多いんですよ。


88年なら私と同じ年です!笑

なるほど、、、時代背景もデザインと関係があるんですね。なるほど。

Re: タイトルなし

> きたむさん

ん~、1988年型でしたか・・・
若いなぁ

私はすでに社会人でした・・・

カルトですか!?

'74年式です(笑)

この頃のマシンが続々と発売されるのは嬉しい限りです。
(当方H党なので、この年のマシンは複雑ですが…)

とにかく発売されること、しかもカルトグラフ社製デカール付属ということで素直に喜びましょう!

しかし、'84NSRでのMICHELINロゴ問題は他社では関係ないのでしょうか。

Re: カルトですか!?

> が~どな~さん

61年式! フレディ・スペンサーと同級生です。

MICHELINロゴ、私も本当のことは知りませんが、タバコのように規制がある訳ではないので、消去法で考えるとおそらくお金の問題なんじゃないですかね?
たしかタミヤはGOOD YEARロゴもNGでしたよね。

市販車と違ってレーシングカーには避けて通れない問題です。



No title

はじめまして、RACERS19の広告写真を見てここにたどり着きました。二輪模型とか作ったことがないんですが、手に入れました。写真とかたくさん出ていてありがたいです。ラジエーターのエッチングパーツがついていたんですがこれはc7、c8の部品の上から貼り付けるんでしょうか?それとも側だけ残して切欠いて貼り付けていくんでしょうか?。シロウトには結構難関みたいです、、、、。

Re: No title

> 魔方陣さん、はじめまして。

キットにエッチングが付属してるんですね。
試作段階では付いていなかったので、私もまだ現物合わせはしていません。

おそらく純正なので、サイズがピッタリ合うという前提でですが、基本的には部品の上から貼り付けます。
ただ、メッシュ部に接着剤が付くとメッシュモールドが埋まってしまいますので、プラパーツにエッチングメッシュをセットしてから淵に瞬間接着剤を流し込みます。
失敗しにくい方法としては、カッターナイフの歯に瞬着を付けて、それを隙間に流し込むようにすればキレイに付くと思います。
(ラジエターの塗装前に接着したほうがキレイに仕上がります)

あと、試作段階で気になっていた箇所があります。
右側ステップボード(リヤブレーキ側)の長さが短く、ステップバーを付ける箇所がありません。
製品では修正されると思っていたのですが、試作と同じ状態でした。
0.5mmプラバンにステップバーを挿せる穴を明けてから適当なサイズに切り出し、ステップボード後端に接着することをオススメします。

スクリーンサイドの取り付けダボが非常に細いので、仮組みなどをすると欠損する恐れがあります。
ここはピタリ合いますので、仮組みをせずにカウル塗装後に取付けたほうが良いと思います。

また判らないことがありましたら、いつでもご質問ください。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんとかならんのかの~

現在仮組中だが説明書の塗装指示なんとかならないのかな~
指示がおおざっぱすぎてせっかくのキットが台無しに思うのだが?実車がここまで古い年代だとネットで詳細探してもなかなか見つからないし

Re: なんとかならんのかの~

> asatanさん

塗装指示、メーカー基準で制約があるのは事実です。
初期のころは私が指示を書いていたのですが、メーカーサイドとしては混色は2色までとか、高額塗料(クレオスメタリックカラー等)の指定や全体の色数を多くしないなどの制約があり、現在はいっさい関知はしなくなりました。

特にガンマに関しては、私もいっさい資料をもらっていないので、当時の雑誌などから判断して塗装しました。

フジミに限らず、他のメーカーでも塗装指示が全て合っているとはいえないのが現状だと思います。
私も想像で塗装している場合は多いですが、そのパーツが実際はどんな素材(チタン・アルミ・マグ・スチール等)でできているか想像が付けば、大きく外す色にはなりにくいのではと考えて色出しをします。
説明書の指示は、あくまでも参考程度と割り切っています。

どうしても不明な箇所があれば、いつでも質問してください。
正確とは限りませんが、判る範囲でお答えします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。