くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダRS250RW

2011-05-03
RS250RW
今度はホントに完成です!
画像 115
カウルの取り付けは苦労しました。
やはりステーは弄らず、キットのまま組むのが精神衛生上正解ですね。
くれぐれもこんな作例を参考にしないように。(もうカウルの着脱は出来ません)
画像 120
画像 122
画像 117
画像 127
画像 128
画像 132
画像 133
ハセガワ初のバイクキットでしたが、ホント良く出来てます。
私のように、余計なディティールアップをしなければストレスなく組むことが出来ると思います。
ただ、どうしてもキット状態では再現しきれない箇所が多々ありますので、製作者のスキルに応じたディティールアップは必要です。
これはタミヤキットでも同じで、カウルを留めるプラスネジなど絶対に変更したい箇所だったりします。
あと、説明書の塗装指示を鵜呑みにしてはいけません。(特に金属色)
参考程度にとどめ、実車の素材が何かを理解して自分なりにブレンドしています。
例えば同じシルバーの指示でも、アルミ鍛造・鋳造・ポリッシュ・ステンレス等があり、それぞれ下地から変えないと狙った質感になりません。
黒も同様で、グリップラバーやシートラバーなどは指定はフラットブラックですが、これにホワイトやグレー、さらにフラットベース粗めをブレンドして変化をつけたりしています。

ディティールアップ時に大切なことは、いじった箇所がいかにも改造しましたみたいな主張をさせないことです。
これはエッチングや金属パーツを使ったときにも言えることで、全体のなかで自然に見えないとディティールアップが逆効果になりかねません。
さらにホース類に拘ることも重要なディティールアップです。
基本的にキット付属のホース類は、どもメーカーでもほとんどのものが太すぎて使えません。
このRS250RWも、キット付属のホースはラジエターホース以外使っていません。(使用しているのはトップスタジオ製が中心)

今月14・15日の静岡ホビーショーに出品しますので、ご来場の際はぜひ当ブース(プロジェクトF)にお立ち寄りください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

完成オメデトウゴザイマス!

いつもの様に素晴らしいできばえにため息が出てきます。
何だかもう、作らなくてイイかなぁ

静岡で実物をじっくり見させてください。よろしくお願いします。

No title

かっぱコーヂさん

ありがとうございます。
もっとアッサリ作る予定だったんですが、やっぱ手を入れなくては気がすまなくなって。
結局製作に4ヶ月かかってしまいました。

RSぜひ作ってくださいね。
かっぱコーヂさんのカーモデルは相変わらずすごいクオリティーで、車でここまで個性を出せる人はいないんじゃないですか。(もちろんイイ意味で)
こちらこそ勉強させてもらってます。
でも、車はなかなか上手くいきませんです・・・

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。