くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KPGC10

2011-07-05
KPGC10
画像 008
塗装&デカール貼りしました。

ボディの白はクレオスのグランプリホワイト。
この当時の車、現代のようにまっ白ではなくてくすんだ白(ゼッケンサークルの白と比べてください)なので、イイ雰囲気です。
ブルーもデカールではなく塗り分けしました。(クレオスのスカイブルー90% + 白10%)
前後スポイラーとの色を合わせるためですが、想像通りボンネットのマスキングラインを出すのはけっこう難易度が高いです。

画像 007
画像 005
問題のデカールはなんとか生きていたのでホッとしました。
エアブラシのカップ一杯分クリヤーを吹いてあるので、一週間ほど乾燥させ軽く砥ぎ出してから仕上げのクリヤーを吹く予定。

いまさらこのトランスキットを使う人はそうそういないと思いますが、一部注意点があります。
タミヤのボディのままだと、ライトカバーがかなり奥に入ってしまいます。
ボディと一体化されているライトの受け部全体を一度切り取り、4mmほど前に再接着します。
また、このトランスキットのパーツ、フジミのGT-Rのコピーのようで、内装などは接着シロのみタミヤに合わせてたり、ライトカバーに至ってはダボまでまんま一緒です。
よって、ホワイトメタルパーツが気に入らなければ、フジミからのコンバートは可能です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。