くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダRS250RW

2011-01-09
RS250RW
ホンダRS250RW
滅多にホンダ車は作らないが、GP250ラストイヤーで日本人がチャンピオンを獲ったマシンなので。
今作らないと数年後では絶対に作らないだろうなぁ・・・

ハセガワでも初のバイクキットということもあり、キット内容を検証しながら進めましょう。

全体の印象としては、フォルムは良さそう
細かいモールドもそこそこな表現。

画像 009
全てのパーツをランナーから切り出し、パーティングラインや合わせ目の処理をします。

ランナーのゲートが太いですね。
パーツが繊細なので、ちょっと惜しいところです。

画像 003
ボルト類のモールドが丸の突起のみなので、金属パーツに置き換える部分は削ってから穴を開け、モールドを生かす部分はセンターに軽く穴を掘ります。
かなり小さいので、肉眼での作業は無理。
ヘッドルーペを掛けて、センターに目打ちをしてから0.3~0.4mmのピンバイスで開けていきます。
画像 006
画像 007
この作業はとっても重要!で、このひと手間でかなりリアルなボルト表現になります

画像 008
カウルのサイドステーも加工します。
キットではただの平面なので、リューターで溝を掘ります。(カウル装着状態でもけっこう見えます)
プラのステーだと強度的に不安なので、1mmアルミパイプに置き換えます。

画像 004
画像 005
カウル本体も取り付け方法を変更します。
タミヤと違い、ビスを使わない構成はうれしいのですが、やはりリアルさに欠けます。
穴をプラ棒で埋め、新たに0.5mmの穴を開けて、金属ピンで留められるようにしています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クロスピーさんハッケーン!

かっぱコーヂです。
RS250RW作ってるんですね。

ん~コレ見たら自分作るのやめたくなってきました♪ダメ?

と言うことでこれからもよろしくです!

Re: No title

> かっぱコージさん、発見してくれましたか!
これからもヨロシクです。

RS250RW、たいしたことはしてないですよ。
単にボルト類の加工をしてるだけですから。
ぜひぜひ完成させてくださいね。 楽しみにしてますよ!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。