くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011YZR-M1

2011-11-03
2011YZR-M1 50th
画像 001
カウルのフィッティング

ここまでのカタチにするだけで、結構時間が掛かりました。
サイドカウルのみK’Sのパーツで、それ以外はタミヤを加工しています。

フィッティングに関しては、この段階でキッチリ詰めておかないと最終組立てで苦労します。
以前、2008年仕様のトランスキットを組んだ際にも、ここには時間を掛けました。
画像 004
一番問題になるのは、このシュラウド&エアインテーク。
ここにアッパーカウルが被さるのですが、サイドカウルを正規位置に固定するとアッパー・サイドがうまく繋がりません。
さらに、アッパー・サイドカウル共、取り付けビス用のダボがシュラウドに干渉するので、全て削る取る必要があります。
そのようにした場合、アッパーカウルを固定する箇所が無くなるので、どう固定するか非常に悩みました。
画像 006
結果、アッパーとサイドを接着してしまいました。
少しリスキーですが、一応カウルの着脱は出来ます。
また、シュラウドが干渉するので、サイドカウルの内側をリューターで薄くしています。
画像 007
フロントフォークも細々とディティールアップしています。
もう定番工作ですが、キャリパーのマウント部をリューターで肉抜き加工し、イニシャル調整ダイヤルをプラ棒で作り直しました。
リザーブタンクは、タミヤ’04用の金属パーツを金ノコで切り詰めています。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。