くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除

2011-12-18
雑記
たまにはバイクネタでなく

年末の大掃除という訳ではないのですが、風呂場・換気扇・エアコンをまとめて洗浄です。
バイク仲間の先輩が、ハウスクリーニングを始めたので静岡から出張していただきました。

まずは風呂場
新築から14年、浴槽パネルの内側を初めて見ました。
画像 031
あまりにもおぞましいので、画像は小さくしました・・・
画像 036
洗浄中
画像 039
スッキリ!
画像 034
換気扇は、中のフィン&ドラムが油でベトベトでしたが、こちらもスッキリ!!
画像 040
エアコンは、ビニールでマスキングして高圧洗浄。
画像 044
洗浄中
画像 047
3年前にクリーニングしたのですが・・・・
画像 048
見違えるようになりました。

この後、私の作業場であるベランダも洗浄していただきました。
今回の作業、とても個人レベルではやろうと思えません。
やはりプロにお願いして大正解でした。 ありがとうございます!!

静岡市を中心に仕事をしているそうなので、ハウスクリーニングをご検討の方はお願いしてみたらいかがでしょう。
とても丁寧に仕事をしてくれますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教えて下さい

くろすぴーさん
ハウスクリーニング、やっぱり専門業者さんは仕上がりがキレイですね。

画像が付いてなかったので教えて下さい。
くろすぴーさんの作業場はベランダとのことですが、具体的にどのような状況で(塗装ブースの有無とか、コンプレッサー等は部屋の中で腕だけ外に出してるとか)を教えて頂けないでしょうか。

(知り合いが10数年ぶりにモデラー復帰する際に、ベランダでエアブラシしたいけど、どうしたらよいのか知りたいとのことです)

ベランダで塗装されているのに、あんなにキレイな作品を作られる、くろすぴーさんのやり方を是非ご教示下さい。

よろしくお願いします。

Re: 教えて下さい

> が~どな~さん

作業場の状況ですか・・・とてもお見せするほどのことはないのです。
まずは、ベランダにビニールマットと古新聞を引き、コンプレッサーと自作テーブル、希釈・洗浄用シンナーを運びます。(イスは背もたれが壊れたアウトドア用)
ちなみにエアブラシスタンドは、エアコン室外機のフレームに常時セットしてあります。
外なので、塗装ブースは使っていません。
コンプレッサーは、レトラ517というほとんど音が出ない機種なので安心して外で作業が出来ます。

よほど風が強くない限り、ホコリの心配はありません。
欠点は、夏は暑さと蚊に悩まされ、冬はしっかり着込んでないと長時間の作業は無理ですね。
また、日中しか出来ないので、冬は16時半くらいまでが限界でしょうか。
利点として、当然室内より明るい自然光なので、色と塗装面のチェックがし易いのと、自由にエアブラシを高圧に出来ることです。
小雨くらいなら(ベランダに吹き込まない場合のみ)、ボディ塗装以外は平気です。

塗装面をキレイにするのは、塗装環境ではなく下地作りと塗料の希釈率です。
一色ごとに磨きとクリヤーを繰り返し、希釈のシンナー量を段階ごとに変えたりもします。(仕上げクリヤーはシャパシャパ状態)
こうすれば、研ぎ出しは最小で済みます。
私は基本的に4000番からしか使いませんが、軽くこするだけです。

でも、ホントは部屋で塗装できる方はうらやましいですね・・・



ありがとうございました!

くろすぴーさん
詳しいご回答、ありがとうございました!
私にとっても非常に参考になりました。

屋外での限られた作業時間でもここまでの作品ができるんですね。恵まれた環境なのにちっとも完成しない自分はまだまだ精進が足りませんね。

知り合いもモデラー復活に向けて、追い風になったと思います。

ありがとうございました!!!

No title

模型部屋についてですが・・・・
去年ウチを新築したのですがその時に小さいながら作業部屋と在庫部屋(納戸)を作って換気扇まで付けたのに引越してから完成品がありません・・・・・・・。まあ子供が1歳3ヶ月という事で手が掛かり時間が・・・・・と、自分には言い分けしてますが、
いけませんね・・・・・・。
上手い人は環境は関係ないですね!!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。