くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダRS250RW

2011-01-15
RS250RW
まだまだ加工は続きます。
画像 010
カウルのサイドステー、フレームとの取付基部に穴を開け、塗装後にボルトを挿せるようにします。

画像 012
さらにセンターステー先端にも0.8mmの穴を開け、アッパーカウルにピンを付けて固定できるようにします。

画像 013
画像 014
突き刺したピンは、表面がツライチになるようにヤスリで整えます。

画像 001
スイングアームに付くスタンドフックは、プラ棒をリューターに咥えて回転させ、平ノミをあてて削り出していきます。
キットはただの棒状なので、雰囲気はかなりグッド。

画像 015
シートカウルの取付基部は、1mmアルミパイプに置き換えました。
パイプなので、塗装後にボルトを挿せる穴があり、後々の作業が楽になります。

最終的に何本ボルト使うんだろう?
結構お金かかりそうで怖いです・・・
あまり見えないところはキットのままで我慢しないと
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。