くろすぴーのブログ

模型製作記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ferrari 250 GTO

2012-02-12
カーモデル
クライマックス製1/24 Ferrari 250GTO

画像 008
手ごわいキットでした。
ディティールアップとかする余裕まったくなしで、ほぼストレート組みで完成させましたが素晴らしいデキです。
画像 014
特に神経を使うのは、このあたり。 
塗装面に細かいパーツを付けていくので、エポキシボンドで慎重に接着です。
画像 022
エンジンルームもご覧の通り精密感たっぷりで、ボンネットを閉めてしまうのが惜しいくらい。
画像 015
画像 007
画像 012
画像 024
しかしカーモデルは難しい・・・
バイクモデルと違い、なかなか製作者の個性が出しにくいです。
私の場合、なぜか最後まで気力が続きにくく、最終仕上げが雑になりがちです。
このGTOももう少しキレイに仕上げたかったなぁ・・・

やっぱバイクの方が気楽ですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

肉感のあるクライマックスのボデーに目の覚める様な赤色でステキです。
くろすぴーさんは何を作っても丁寧な仕上がりでため息が出てきちゃいますよ。

Re: No title

> かっぱコーヂさん

やっと完成しました。
古いキットなのに、今作ってもフォルムとデキの良さは素晴らしいです。
もちろんそれなりに苦労はしますが。

でも、もう少しうまく作りたかったです・・・
けっこう失敗している箇所があるんですよ。
何事も数をこなさないとダメですね。

No title

くろすぴーさんはじめまして、ベトナム在住の南越熊と申します。本日たまたまネット内散歩してたら、ここに辿り着きました。

ClimaxのFerrari 250 GTO・・・うぅ~、懐かしいです。
発売当時、Makeupの1/43フルディテールキットを7万円台で購入した後だったので、5万円台と可也高価だったこ奴の購入に数週間悩み、結局ズバ抜けて実車に忠実で美しいフォルムとエンジンのディテールの素晴らしさに負け、購入した思い出深いキットです。
前回帰国した際に、ファクトリーHIROから再販されてる事を知りましたが、買って帰ってこれなかったのが心残りでした。
くろすぴーさんの仕上がり、とっても素晴らしいと思いますよ^^
特に塗装が実車の様!!

6年程前にフランス人のモデラーの友人が、各4枚のドアをくり抜き真鍮版から叩き出して閉開可能に作りかえ、ディテールアップを限界まで行った物を見せて頂きましたが、本人曰く「多少の手先の器用さと時間があればどうにかなる」とか「俺の様な暇人は最強モデラー」と言って笑ってましたが、インド人に1万ドルで売れたそうですw

またお邪魔します。長文すいませんでした。

Re: No title

> 南越熊さん

おぉ!ベトナム在住の方なんですか。
ご覧いただき、ありがとうございます!

Climax のGTO、今見てもフォルムはピカイチですよね。
製作はかなりシンドイですが、完成するとホント美しいフォルムのキットでした。
1万ドルって・・・約100万円ですか!!!
インド人にビックリです!
こんなに払ってくれたら、サラリーマン辞めてプロになりたいですね。
私のGTOは無償でした・・・

最近あまり更新出来ていませんが、よろしくお付き合いください。
ベトナムの模型事情(あるのでしょうか?)なども教えてください。

No title

>くろすびーさん

あーっ、レスありがとうございます^^
そうです、こんなおバカな国に8年間も住んでますw
仕事は別にして、生活自体は要領さえ掴めば気楽ですし、ベトナムと割り切って神経質に物事を考えなければ、結構楽しい南国の地です。
仕事で過去11カ国も訪れ、好きな国はドイツ・スイス・ノルウエー・アイルランドなのに、何故この南越で再婚して落ち着いたのか?、これで本当に良かったのか? はあまり考えないようにしてますw
こんな私ですが今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

友人のモデラーが1万ドルで売却した件ですが、彼の自己申告なので、事実かどうかは分かりませんが、可也のクオリティーだったので、当時は素直に「凄いねぇ~!! 今晩飯おごれ!!」と集った記憶が・・・。

ベトナムの模型事情ですが、北部はもっと几帳面な人が多いので一概には言えませんが、南部の人は集中力や想像力が乏しい人が多く、いい加減で適当な思考が目立つんですが、極稀に凄い才能を持った新世代も目立ち始め、1~2年の間に一気にハイレベルな趣味を持つ人が増え、それに伴って模型店やラジコン店やオーディオ屋さんなどもチラホラ出現しました。
しかし、模型に関してはこの地は不向きだと思います。それは、湿度と気温が高すぎるので、先ず模型店は湿度と温度を管理しなけい、モデラーの製作環境、作品や道具・塗料等の保管も設備に気を配らないと悲惨な事に・・・。
そんな事もあり、南部ベトナムで模型を楽しんでるのは、極少数の外国人が中心ですね。
しかし、現地で製品を求めるのは無理(マニアを喜ばす商品は皆無)なので、結局個人輸入や国外に買い出しやネット通販でしか幸せは得られませんw

あぁ・・何でこんな国で再婚しちゃったんだろう(>_<;)
多分、くろすびーさんと私って同世代か、とても近い世代ですよね? 因みに私は250GTO LMがル・マンに出場した年(?)で東京オリンピックの開催の年です。
ベトナムにお越しの際はお気軽にご一報下さいね。

ではまた。

Re: No title

> 南越熊さん

いろいろ面白い情報ありがとうございます。
そうですか、ベトナムの人って日本人に劣らず手先が器用な人が多いと聞いたことがあった気がしていたのですが、南北での違いがあるんですね。

高温多湿の環境はモデラーには辛いですね。
日本でも真夏の塗装作業は厳しく、特に私のようなベランダモデラーは高温多湿と蚊に悩まされています。
まぁ、真冬も寒さとの戦いですが・・・
でも好きなことですから、その環境の中でもたいして苦にはならないですが。(理想を言ったらキリがありませんし)

仰る通りほぼ同世代です。(ちょっとだけ私が年上ですが)
機会があったらベトナムに行ってみたいですね。
海外など20数年前に行ったきりですので、老人になる前にはと思います。

また色々な情報お待ちしてます!





No title

くろすぴーさん
>ベトナムの人って日本人に劣らず手先が器用な人が多いと聞いたことがあった気がしていたのですが、南北での違いがあるんですね。

いや、器用は器用なんですw
説明が難しいのですが「これをこの様にああしてこうしてこれにして下さい」と云う具体的な事に対しては、彼らの優れた部分が
活かせるんです・・・。
模型が浸透しないのは、下記の理由が考えられます。

気持ちの満足とお金の満足が伴っている。
プラモデルが全て輸入品なので、贅沢品として税率も高くて高価。
お金を産まない苦労は決して買わない。
貨幣価値のある物を好んで買う。
実用品が好き。
ノスタルジーに浸る環境ではない。
男子は幾つになっても、外でおねーさんと遊ぶのにお金を使うのが好き。
仕事以外では集中力が続かない。
想像力と脳内シュミレーション能力が乏しい。
思い込みが激しい。

と、上げてゆけば限がない程、先進国の人達とは対差があり、良く言えば極端に現実的な国民性。
「日本の常識=ベトナムの非常識」的な事も沢山あり、以前は腹を立てたり、ノイローゼになりそうだった私ですが、
今はそれが逆に新鮮で、経済成長と共に何処迄変化し成長して行くのかを観れる距離にいるので、とても楽しみです。
民主主義に限りなく近い共産国ベトナム。2000年以降、海外に越境していた人達も自由に戻れる様になったし、
海外研修も積極的に行われていますし、個人での渡航も可能になったので、これから先進国に見習い大きく変化して
ゆく事でしょうね。

それと、以前友人のモデラーが見せてくれた作品に近い物が、ネットで見付かったので参考にh抜きURL載せておきます。
このベースはどうもファクトリーHIROのLMですね。 凄いですw 出来ることならトライしてみたい・・・。

ttp://italianhorses.net/Gallery/Resin/Hiro64GTO/250GTO64.htm

Re: No title

> 南越熊さん

なるほど、”ノスタルジーに浸る環境ではない”は考えさせられますね。
ベトナム戦争後、日本のように国が急速に復興したわけではないので、趣味などの考え方がまったく違うんでしょうね。
確かに模型作りなどは、平和で気持ちに余裕がなければ出来ない趣味だと思います。
勉強になりました。

このLM、スゴいですね。
とてもあの分厚いレジンをカットしようなんて、やれと言われても・・・
私など足元にも及ばないです・・・

No title

くろすぴーさん

確かにw あのLMは、殆どヘンタイの域ですよね^^
作者はアイルランドの人みたいですが、可也手馴れているようですから、本職は職人さんだったりして・・・。
すいません、レス癖でついつい返事しちゃいますが、気にしないで下さいね!!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © くろすぴー All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。